歯周病×水素

歯周病と水素の関係とその効果

img_mouse

30歳以上の日本人の半数が知らずにかかる歯周病

日本人が歯を失う原因第1位といわれている、歯周病。にもかかわらず、痛みや症状がわかりづらいため、ほとんどの人が気がつかない間に発症しています。

今回は、歯周病に対して、水素がどのような効果をもたらすのかご紹介します。

 

歯周病の原因

歯周病とは

歯周病は、口内に存在する細菌感染によって引き起こされる炎症性疾患です。痛みを伴わず、知らない間に症状に進行していくため、30歳以上の日本人の80%が歯周病と言われるほど身近な病気です。

歯周病になってしまうと、少しのブラッシングで出血したり、口臭の原因、歯肉が赤く腫れ、歯と歯の隙間がどんどん広がったりと、口内に関するさまざまな症状があらわれます。特にひどくなると、歯と歯肉の間に歯周ポケットというものができ、歯を支える部分と歯を離してしまうほど進行します。

歯周病の原因

歯周病原因として、毎日の歯磨きが十分でなかったり、甘いものを過剰摂取すると、口内に歯垢がたまっていきます。この歯垢はうがい等では簡単に落ちません。そして、この歯石の中には数百〜千種類もの細菌が存在しています。
普段のケアを怠って歯垢を蓄積されると次は歯石となります。歯石になってしまうと、歯と歯茎の間に隙間ができる歯周炎となり、この状態が歯周病といわれる状態です。

また、歯周病の原因はブラッシングや甘い物のほかに、
・不規則な食習慣
・喫煙
・ストレス
・糖尿病や生活習慣病
も、影響を及ぼすといわれています。

 

歯周病に対する水素の効果

歯周病の原因となる細菌の繁殖や歯垢生成を、水素の抗酸化作用で抑制するといわれています。

また、水素を利用した歯周病に関する論文が発表されており、マウス実験では水素の効果が確認されています。
今回はこの論文の概要をご説明します。

岡山大学による水素の効果に関する論文

ラット実験モデルにおける水素水摂取による歯周炎予防効果

学術雑誌名:J. Clin. Periodontol. 2011 Dec;38(12)1085-90. doi: 10.1111/j. 1600-051X.2011.01801.x. Epub 2011 Oct 9.

歯周炎の発症に活性酸素種(ROS)が関与している事が知られており、水素はROS消去作用があることから、ラットの歯周炎モデルを用いて水素水による症状改善効果を実験した。ラットの上顎臼歯の周りに結紮糸を4週間置いて歯周炎を誘導し、そのラットに水素を含む純水と、比較として純水(水素含まない)を与え、水素の効果を検討した。

結果、マウスの体内で、水素摂取によって血清中のROS上昇が阻害され、歯周炎組織中の8-OHdG(ROSの作用によって産生する)及びニトロチロシンの産生が軽減された。その結果、発症に伴う多形核白血球の浸潤、破骨細胞の分化が抑制された。さらに、マイトゼン(分裂促進因子)で活性化されるたんぱく質リン酸化酵素のような炎症反応の情報伝達系が水素豊富水によって軽減された。
これらの結果から水素豊富水の投与によって歯肉の酸化ストレスが軽減され歯周病の進行が抑制される事が強く示唆された。

参考:http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/52542

 

歯周病を予防するために、一番重要なことは毎日のブラッシング及びストレスや喫煙から身体を守ることです。それに加えて水素摂取をすることでさらなる予防が期待されます。

水素サプリメントの購入はこちら