水素×口内炎・ヘルペス

口内炎・ヘルペスができやすいアナタ

hie

口内炎を予防!かつ悪化を阻止する水素の効果

気がついたらできてしまった口内炎。治りが悪い時は痛みが2週間以上響いてしまうことも。口内炎は、カラダの状態を伝えてくれるSOSの信号でもあるのです。

口内炎治癒・予防に、水素の効果が注目されています。なぜ口内炎やヘルペスができてしまうのか、水素は口内炎治癒・予防にどんな効果をもたらすのかご紹介します。

 

口内炎・ヘルペスの種類

口内炎は、口内の粘膜が何らかの原因で傷ついてしまい炎症が起こっている状態のことを指します。口内炎やヘルペスの種類は、大きく分けて3つあると言われています。

1. アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎):ストレスや疲労が原因で発症

最も生じやすい一般的な口内炎です。知らない間にできてしまった口内炎は、このアフタ性口内炎だと考えられます。はっきりとした原因はわかっていないですが、生活習慣が大きく影響していると言われています。
アフタ性口内炎は、疲労やストレスによる免疫力の低下、寝不足、栄養バランスの悪化(特にビタミンB2が不足すると口内炎が発症します)が原因だと考えられています。

一般的に、長くても1〜2週間程度で完治すると言われています。

2. ウイルス性口内炎:ウイルスや細菌が原因で発症

ウイルス性口内炎は、ウイルスが口内で増殖し、水ぶくれのような状態になってしまう口内炎を指し、一般的に口唇ヘルペスと診断されることが多い口内炎です。口唇ヘルペスは日本人の10人に1人は発症したことがあると言われるほど身近なウイルスです。口内以外にも口角や角膜等、体の粘膜部分で発症がしやすいと考えられています。

3. カタル性口内炎:外部刺激が原因で発症

食事中、口内を噛んでしまったり、歯茎を傷つけてしまった際、その傷口が悪化して発症する口内炎を、カタル性口内炎と言います。他にも入れ歯や矯正器具で傷つけたり、熱いものを口にした時に生じる刺激で発症する場合もあります。悪化するとウイルス性口内炎を併発したり口臭の原因となります。

 

この中でも特に「アフタ性口内炎」が一般的な口内炎と呼ばれており、生活習慣を正すことで即効で治癒でき、悪化や発症を防ぐことができます。

 

口内炎発症の仕組みと水素の効果

口内炎は、大きく以下のような流れで発症すると考えられています。

■口内炎発症の仕組み

  1. ストレスや疲労(が原因で発生する悪玉活性酸素)、ウイルス、外部刺激の影響で、口内粘膜上で異常が発生し、プラスミンと呼ばれる分解酵素が異常を感知し大量に分泌
  2. プラスミンが増えることで、炎症と痛みのもととなる物質がさらに産出され、血管が拡張
  3. 拡張した血管を通じて炎症の元となる物質が周りに分泌されることで大きな炎症となり口内炎が発症

 

水素は、この口内炎ができる仕組みの中で、

・疲労やストレス、睡眠不足で生じる外部刺激(悪玉活性酸素)を除去することで口内炎発症を予防
→抗酸化作用
・口内炎悪化の原因となる、プラスミンを発生させ続けている外部刺激(悪玉活性酸素)を除去し悪化を防ぐ
→抗酸化作用
・プラスミンの影響で産出された炎症を引き起こす物質から出る活性酸素を除去し、炎症の拡がりを防止する
→抗アレルギー作用

といった効果をもたらします。
その結果、水素は口内炎治癒を早めかつ予防にも効果があると言われています!

 

水素サプリメントの効果的な飲み方

まず、生活習慣の中で発生する悪玉活性酸素を除去するために、朝晩1粒の水素サプリメント摂取を推奨しています。水素サプリメントを摂取することで、プラスミンを分泌してしまう外部刺激の原因、悪玉活性酸素を排除することができるからです。

また、口内炎ができてしまったら、水素水の摂取やうがいがオススメです。通常よりも早く口内炎が治ったというお客様からの声を頂いております。

水素サプリメントの購入はこちら