水素×高血圧

水素は高血圧にも効果を発揮!

高血圧は放っておくと、動脈硬化や脳卒中、心臓病などの様々な恐ろしい合併症を引き起こすことが知られています。
そんな恐ろしい高血圧を防ぐ新たな方法として、水素が注目されているのをご存知でしょうか?
まだ研究段階ですが、水素が高血圧を改善するという実験結果も発表されているのです。

水素には様々な健康効果があることが期待されていますが、水素がどのようにして高血圧予防に効果があるのかをご紹介しましょう。

高血圧によって引き起こされる合併症とは?

dietexplain

「あなたは高血圧です。」
と医者から言われたとしても、自覚症状が何も無いと、
「高血圧なんて大したことないのかも。」
と、その状態を放置してしまう人も多いと思います。
しかし、高血圧は別名「サイレント・キラー」と呼ばれるように、自覚症状が無い状態から突然死に至る重大な病気にかかることがあるのです。
高血圧が招く恐ろしい合併症について、見てみましょう。

▼心筋梗塞や狭心症、不整脈などの心疾患

高血圧の状態が続くと血管に圧力がかかり、血管がかたくなり、心臓に大きな負担がかかります。その結果、心臓の筋肉が鍛えられて肥大化する「心肥大」になると、心筋梗塞や狭心症、不整脈のリスクが高まるのです。

▼脳梗塞などの脳の血管障害

脳梗塞は、脳の動脈硬化が起こり、脳や頸動脈の血管の流れが悪くなって起こる病気です。
ある日突然、発作が起こることがあるので、高血圧の人は日ごろから血圧を管理しなければなりません。

高血圧になる原因とは?

このような恐ろしい合併症を引き起こす高血圧ですが、その高血圧を引き起こす原因とは、何なのでしょうか? 塩分の摂りすぎや肥満、ストレスやアルコールの飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎ、運動不足などの生活習慣の乱れ、または、遺伝が高血圧の原因になると言われています。 そして、近年注目されている高血圧の原因が、体内で発生する活性酸素です。

活性酸素はなぜ高血圧の原因になるの?

dietexplain

活性酸素とは、人が酸素を吸えば体内の代謝の過程で必ず発生する物質で、増えすぎると体の老化現象を起こす有害な物質でもあります。
この活性酸素が、なぜ高血圧の原因になるのかをご説明します。

活性酸素は血液中の悪玉コレステロールを酸化し、この酸化された物質を体内の「マクロファージ」と呼ばれる免疫システムが異物と判断します。 このマクロファージには、脂肪分を吸収して血管の内側にどんどん張り付いてしまう性質があります。 そのため、血管が狭く固くなり、血液を送り出すために高い圧力が必要になります。 このようにして、活性酸素の増加が高血圧につながるのです。

水素には高血圧の原因となる活性酸素を排出させる働きがある!

この高血圧の原因となる活性酸素を体の外に排出する働きがある水素に、注目が集まっています。
水素は活性酸素が悪さをする前に体外に排出してくれるので、活性酸素による高血圧を防いでくれるのです。
活性酸素を体外に排出してくれる水素サプリを飲むことで、高血圧だけでなく老化現象など、様々な活性酸素による問題を解決してくれるでしょう。

水素の活性酸素への影響に関する研究結果

水素が活性酸素による酸化ストレスに有効なことについて、研究結果が発表されています。
千葉大学による研究結果「大学長距離ランナーの酸化ストレスに及ぼす活性水素水摂取の影響」には、水素が活性酸素に与える影響について、次のように述べています。
活性酸素による酸化ストレスに強くさらされている長距離ランナーの活性水素水が、生体酸化ストレス及び代謝に及ぼす影響について検討した結果、活性水素水の摂取が血液中の酸化ストレスを抑えたという結果が得られました。

まとめ

高血圧に悩む人はとても多く、若い人たちの中にも高血圧予備軍はたくさんいます。
高血圧は放置すると、命に係わる恐ろしい病気を引き起こします。
そんな恐ろしい病気を引き起こす前に、水素サプリメントを使うことをおすすめします。

水素サプリメントの購入はこちら