水素×花粉症

花粉症にも効果をもたらす水素の抗アレルギー作用!

atopi

日本人の約25%が発症している花粉症

春先〜夏にかけて、多くの人を悩ませる花粉症。くしゃみや鼻水といった鼻の症状や、目のかゆみに毎年困っている人も多いこの季節。

今回は、水素サプリメントの「抗アレルギー作用」は花粉症に対して、どのような効果をもたらすのかご紹介します。

 

花粉症発症のメカニズム

花粉症とは

花粉症は、杉やヒノキといった植物の花粉が原因となり、くしゃみや鼻水といった症状を引き起こすアレルギー性鼻炎です。花粉が飛びやすい3〜5月にかけて発症する人が多く、現在日本人の約25%が花粉症だと言われています。
アレルギー性鼻炎は、1)季節性アレルギー性鼻炎と2)通年性アレルギー性鼻炎の2種類と言われています。花粉症は、植物の花粉発生時期に左右されるため季節性アレルギー性鼻炎に分類されています。
アレルギーを引き起こす花粉は現在60種類あると言われており、アレルギーに感じる花粉によっては通年で花粉症を発症している人もいます。

花粉症が発症するまで

花粉症が起こるメカニズムは、人間の免疫システムが影響しています。
花粉が人間の体内に入った時、体内で、花粉は異物(抗原)とみなされます。この異物(抗原)に対抗するため、体内では白血球が「抗体」をつくります。これをIgE抗体といい、鼻や目の粘膜にある肥満細胞に結合します。

抗体がついた肥満細胞は、花粉が入ってくるたびに増加していき、ある一定の量になると、花粉に反応してヒスタミンロイコトリエンなどの化学伝達物質を放出します。

これらの物質が、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどの症状を引き起こすのです。

花粉症の症状

花粉によるアレルギー症状は、鼻(鼻水、くしゃみ、鼻づまり)以外にも、目(充血、涙、かゆみ)や喉の痛み、悪化して微熱に発展する人もいます。
この原因の差は、肥満細胞から放出されるヒスタミンやロイコトリエンの量が関係しており、ヒスタミンの量が多いと主に鼻や目といった粘膜のある知覚神経を刺激し、くしゃみ・目のかゆみに影響、ロイコトリエンは血管に作用し粘膜を刺激するため、目の充血等の影響をもたらします。

 

花粉症に対する水素の効果 -抗アレルギー作用-

花粉症を引き起こる原因は、大きく以下の2点です。
(1) 抗体がついた肥満細胞の増加
(2) 肥満細胞が化学物質を産出

水素は、この原因に対して、
・肥満細胞の増加を抑制
・肥満細胞が化学物質を産出要因となる活性酸素を除去

といった働きを行うことによって花粉症によるアレルギー症状を抑えることができます。

■ 水素サプリメントのメリット

水素は、抗ヒスタミン剤や抗生物質とは作用の方法が異なり、免疫-炎症反応を遮断するのではなく、過剰な部分(増幅作用)を抑制するという働きを行います。そのため、水素サプリメントは副作用の心配がなく服用できます。

■ 様々な水素の吸引方法

水素の吸引方法は様々です。
当サイトでは、水素サプリメントの他に水素発生バブルバス・H2SPAを取り扱っております。
アレルギーや炎症の発生は、上記説明した原因の他にも日頃の生活習慣による免疫低下も関わっています。水素サプリメント服用の他に、水素バブルバスを利用し、体の新陳代謝を効果的にUPさせることをお勧めいたします。

水素サプリメントの購入はこちら