水素×動脈硬化

水素サプリメントが動脈硬化を防ぐ

blood

健康診断で褒められる、血液サラサラは手に入る!

食生活が不規則だったり、肥満・糖尿病の心配がある方は、“血液の状態”を良くすることをおすすめします。なぜなら、ドロドロの血液が血管を詰まらせ、命の危険につながる病気を引き起こす可能性が高いからです。

水素は動脈硬化を防ぐ働きがあり、血液をサラサラに保ってくれます。

 

ここでは、侮れない動脈硬化の恐ろしさ、どのようにして水素サプリメントが動脈硬化を防いでくれるのか、血液をサラサラにする水素の仕組みをご紹介します。

 

動脈硬化はサイレント・キラーをおびき寄せる

日本の三大疾病と呼ばれる「がん・心筋梗塞・脳卒中」。この内、がん以外の2つは動脈硬化が元となって起こる病気です。発症が気付かれにくいため「沈黙の殺人者(サイレント・キラー)」と呼ばれることもあります。

動脈硬化は、生活習慣病が原因でなる病気の1つです。特に「死の四十奏」と呼ばれる「高血圧」、「脂質異常症」、「糖尿病」、「肥満」は、動脈硬化と深い関係があり、さまざまな病気を引き起こす原因となっています。

様々な病気の原因である動脈硬化は、命を危険にさらすパーセンテージをとても高くするのです。

domyakukouka

 

なぜ動脈硬化は起きるのか?

動脈硬化とは、体内で流れている血管が詰まってしまう病気です。

始まりは、高カロリーな食事や運動不足、不規則な生活習慣などによって血液中に悪玉コレステロール(LDL)が増えることで発症します。身体は増えすぎた悪玉コレステロール(LDL)を排除しようと免疫システムを働かせます。この際に活性酸素が生まれ、この活性酸素は悪玉コレステロール(LDL)を“酸化”させます。 この体内での働きで、血液はドロドロになっていきます。

その後、大きな負担がかかった血管に傷がつくと、その隙間に“酸化”した悪玉コレステロール(LDL)が張りつき、血管を狭めていきます。次第に血流は悪くなり、とうとう血管は詰まってしまうのです。 これが、動脈硬化です。

心臓や脳で起きれば心筋梗塞、脳梗塞、起きる場所によっては命を危険にさらしてしまいます。

 

どうして水素は動脈硬化を防げるのか? -水素の効果-

動脈硬化は、別名「血管の老化現象」と言われています。

老化とは、細胞がサビる(酸化する)ことです。簡単に説明すると、増えすぎた悪玉コレステロール(LDL)を減らそうとして副産物で生まれた活性酸素が悪玉コレステロール(LDL)を“酸化”させてしまい、これが血管に張りつき、血流を狭めました。

つまり、細胞が老化させられ、血管を詰まらせて動脈硬化は起こります。

実は、コレステロール自体はホルモンや細胞膜を作るのに大切な材料。 ややこしい話ですが、健康な体の中では悪玉コレステロール(LDL)自体も善玉コレステロール(HDL)とバランスを保ち大切な役割を担っています。 しかし、増えすぎ “酸化”させられることで、血管を詰まらせる悪者に変身します。

水素は、その“酸化”を抑える働きがあるのです。

活性酸素を除去し、悪玉コレステロール(LDL)が血管に張り付く悪者になるのを抑えてくれます。 その結果、動脈硬化を防ぎ、血液をサラサラに保つことが出来ます。

 

水素サプリメントで動脈硬化を防ぐ

水素で動脈硬化を防げることをご紹介しました。しかし、毎日継続的に摂取しなければ効果は期待できません。毎日の生活に取り入れる必要があります。

水素サプリメントなら手軽に摂取できるため、効果を期待できます。 水素サプリメントで動脈硬化を防ぐ、その効果を最大限に引き出す飲み方さえ押さえておきましょう。

drink_water

◯飲み方
朝晩1カプセルずつ服用して下さい。毎日継続して飲むことがポイントです。個人差はありますが、3ヶ月も過ぎれば体の調子が良くなっている事を実感できます。 定期的に健康診断に出かけてみるのも良いでしょう。血圧改善を数値で確認してみましょう。

水素サプリメントの購入はこちら