水素×アレルギー(鼻炎/皮膚炎)

鼻炎・皮膚炎のアレルギー・炎症の悩みも水素で解決

atopi

水素の持つ、抗アレルギー作用!

水素は「抗酸化」「抗炎症」「抗アレルギー」の作用を持っていることが、近年の研究で判明しました。そして、酸化や炎症を引き起こす根本原因である、悪玉活性酸素を除去する事ができるという利点があります。

今回は、水素サプリメントの「抗アレルギー作用」はアレルギーや炎症に対して、どのような効果をもたらすのかご紹介します。

 

「アレルギー・炎症(鼻炎/皮膚炎)」の原因

アレルギーが原因で引き起こる病気は沢山存在します。
例えば、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、湿疹などです。一見、別の病気と見られがちですが、根本は「アレルギー・炎症」が原因で、人によって発症場所が異なるだけです。

これら発症の原因は、主に環境汚染や大量の花粉、ダニ・カビといった外的要因が大きな影響とされています。

外部から侵入した抗原(アレルギーを引き起こす原因物質)を体が異物だと認識し、排除しようと抗体を大量に産出します。抗体は、抗原を排除するために炎症物質を放出します。このとき酸化力の強い活性酸素も生成され、無害な細胞までも傷つけてしまいます。
また、免疫システムが何らかの原因によってアンバランスとなり、過剰な反応となってしまうことも原因のひとつとして考えられます。

アレルギーや炎症がひどい方は、皮膚や体内免疫のバリア機能が低下している状態でもあります。そのため、あらゆる刺激物が症状を悪化させる原因となります。疲れや緊張、悩みなどのストレスも、アレルギーを引き起こす要因となるのです。
例えば、今までと環境が変わると突然肌質が変わったりしてしまうのは、知らない間に溜まるストレスが原因です。

 

「アレルギー・炎症」に対する水素の効果

explain3

水素は「抗アレルギー作用」として、抗体が放出する炎症物質の悪玉活性酸素を除去することによって、ゆっくりと鼻炎や皮膚炎を抑えていく働きがあります。
しかも水素はそれだけでなく、「副作用がない」という最大のメリットがあります。現在、アレルギー・炎症を改善するために使われている治療薬(ステロイド等)は副作用がある薬が多い現状です。

ステロイドに比べると即効性を感じないデメリットがありますが、長期的にみると治療薬に依存しない免疫力を水素で手に入れる事ができるため、いま各方面から沢山の注目を集めています!!

 

効果的な水素の摂取方法

水素の摂取方法は様々です。当サイトでは水素サプリメントを扱っていますが、その他沢山の摂取方法があります。

【水素の投与方法】
*内服:水素水、H2水素サプリメント
*注射:点滴、静脈注射、皮下注射、関節内注射
*外用:クリーム、軟膏
*吸入

外用や内服を組み合わせる事で、6-12ヶ月の継続期間はかかれど、期待以上の治療効果を発揮します。H2水素サプリメントの内服は、朝晩1粒を推奨しており、体調や季節にあわせて、プラスαクリームや水素点滴等もおすすめします。

水素治療が受けられるクリニックでの臨床コラム

水素サプリメントの購入はこちら