LEON 臨時7月号

media2.fw

突然ですが、”水素”のスゴさ知ってますか?

読者諸兄は、年齢とともに肉体的な衰えを感じる事はいたし方ないこと、そう思っていませんか?防げるものであれば、当然防ぎたい、抗いたいですよね。

この衰えの根源、それは酸化でした。

「酸化、いわゆるサビです。抗酸化力が下がり、サビ=酸化ストレスが生じ、それが老化という形で表れる。例えば、歯肉炎などもそのひとつです」
そう話してくれたのは、水素治療で知られる辻クリニックの辻直樹先生。

「水素は老化の考えを根本から変える」

「大事なのは、病気か病気ではないかではなく、健康か不健康か、ということ。健康を維持するためには抗酸化力をサポートする必要があり、水素によってポテンシャルを上げることが水素治療の目的なんです」

なるほど、健康なカラダ作りをするために、水素が役に立っているという事ですね。

実際にこちらのクリニックでは水素を内服、注射、外用といった形で利用しており、水素点滴で代謝が10%近く上がるという結果も出ています。

「ハリウッドも水素パワーに大注目なんです」

「水素分子はこの世でもっとも小さな分子。それが活性酸素と結びつくとどうなるか?そう、無害な水となってカラダから排出される。つまり水素が活性酸素を抑えてくれ、病気の予防にもなるのです」

この水素の働きが意味するのは、究極のアンチエイジングが水素によって可能になったということ。
しかも「水素は体内に取り入れられると一秒ほどで結びついて水になってしまうほどのスピードで、水素そのものは気体のため体内残留しない」とのこと。

「水素は病気を防ぐ究極の医療なんです」

まさにいいこと尽くめの水素ですが、実は注目されたのは1800年代のこと。
水素気球の爆発によって研究が止まっていましたが、ここ数年の技術革新と研究の成果によって、再び水素治療が注目され始めたのです。ということは、これからさらに研究が進めば病気にならない、年を取らないカラダを作る、なんていうことも夢じゃなくなるかもしれまんせんよ?

 


 
media3.fw

匂いのもとを水素でナシにしてくれるんです
(辻クリニック院長 辻直樹医師)

汗に含まれる皮脂やタンパク質が皮膚表面に残っていると、大気中の酸素や紫外線によって酸化や劣化を起こし、異臭を発します。この匂いに対し、水素は抑制する効果が期待できます。
また、水素は汗の匂いだけではなく、加齢臭にも効果的で、加齢臭の原因である「ノネナール」という物質は皮脂の酸化によって発生するもので、水素を内服したり、クリームタイプを皮膚表面に塗ったりすることで酸化を和らげる事が可能です。
水素は人体に害のない物質なのでにおい対策にオススメです。