水素の効果

カラダの不調や老化の原因は「悪玉活性酸素」

reason.fw

体内で発生する活性酸素は、「善玉活性酸素」「悪玉活性酸素」の2種類に分類する事ができます。
善玉活性酸素は、白血球が体内へ侵入してきた細菌を退治するときに出す活性酸素で体に有益な働きをします。
しかしながら、悪玉活性酸素は、反応性が高いため体の細胞や組織を酸化させてしまい、ガンやリウマチなど色々な病気を引き起こす原因となっています。糖尿病や高血圧・動脈硬化・脳梗塞等の生活習慣病も、殆どの場合、この活性酸素が関わっていると言われてます。
さらに、病気の悪化や老化のスピードを早めたりもしています。

日ごろのストレスは勿論、タバコや大量のアルコール摂取、不規則な生活は悪玉活性酸素を生成する大きな要因となります。

 

避けられない「活性酸素」の増加

人間の体は約60兆個の細胞から作られています。そのひとつひとつの細胞が血液から酸素と栄養分を受け取り、酸素で栄養分を燃焼させてエネルギーに換えています。そのエネルギーに変換されるときの反応、酸化還元の働きで活性酸素も同時に生成されます。
つまり、人間が酸素を必要とする限り、体内で起こる酸化そして活性酸素の生成は免れないのです。

呼吸によって体内に取り入れられた酸素のうち、使われなかった約2-3%が活性酸素として体内に溜まります。

そして、普段の生活において、活性酸素を多く生成する生活習慣を続けてしまうと、どんどん老化が進行し、また病気になりやすいカラダを作ってしまう事になるのです。

 

効率のよい水素の「抗酸化作用」

suiso.fw

今まで、活性酸素に対抗する手段として、ベータカロテン、カテキン、キトサン、ポリフェノール、ビタミンCなどが挙げられてきましたが、活性酸素を無害化するには大量に摂取する必要があり、現実的ではありません。

そこで最も小さな元素であり、効率のよい抗酸化作用を持つ水素が着目されています。

 

水素が注目されている理由

● 悪玉活性酸素のみと反応する

ビタミンCなどの抗酸化物質は、悪玉だけではなく、善玉活性酸素まで消去してしますが、水素は、善玉には反応せず、悪玉の活性酸素だけを消去します。

● 他の栄養素に比べて非常に高い抗酸化力を持つ

水素は、他の抗酸化物質と比べられないほど、酸化を戻す強い還元力を持っています。水素を体内に入れることにより、過剰に酸化してしまった細胞に対して、細胞組織の損傷や酸化から守る働きがあるのです。
また、最も小さな元素である水素は、ビタミンCなど他の抗生物質では届かないような脳や細胞内まで行き渡る事が可能です。

● どんなに沢山摂取しても、カラダに無害

一般的な抗酸化物質は、活性酸素消去後、それ物質自体が酸化してしまい、除去した後も活性酸素の原因となってしまいます。しかし、水素にはそのようなことがありません。
なぜなら、活性酸素に抱きついて、水に変化するからです。水に変化後は、汗や尿となって体外に排出されていきます。さらに、過剰に摂取した水素は呼気とともに体外に排出されるため、過剰摂取しても副作用が起こるという問題はありません。

 

水素に関する研究論文

水素研究は、まだまだ未開拓の分野です。
最初に水素が活性酸素に対して抗酸化作用を示す論文が発表されたのは、2007年になります。この論文が発表されてから一般的に水素への注目が集まり、2015年の現在では280報以上に及ぶ研究論文が発表されています。

水素に関する研究論文をまとめましたのでご紹介します。

水素に関する研究論文